保育士が知っておきたい子育て支援と健全育成

ひとり親家庭の生活問題

ひとり親家庭の生活問題には、以下のようなものがあります。

 

・ひとり働きのため相対的に厳しい経済状況である

 

・仕事と家事育児をすべて一人で担うため心身の疲労がある

 

・ひとり親家庭に対する偏見や差別からくる悩みやストレスがある

 

・子どもを養育していく際に生じる人での確保が難しい

 

・子どもの進学を取り巻く費用や差別がある

 

このような一人親家庭の生活問題に対し、
母子、及び寡婦福祉法を中心として児童福祉法、
国民年金法、児童手当法などの施策があります。

 

しかし、ひとり親家庭に対する唯一の法律である母子及び寡婦福祉法は、
貸付金制度を中核とした法律で、多様化する母子家庭の福祉ニーズには
十分な対応ができているということができません。